タイトル

緊急時に対応できるように覚えておこう

防災施設の特徴

防災施設の特徴の一つは、安全な場所にあることです。
例えば、洪水から身を守るために利用するものだと、高台に建てられることが多いです。
また、施設内に避難したからには、そこが安心・安全な場所である必要があります。
自宅のようにくつろげると言うと快適性はないかもしれませんが、落雷にあいにくい素材を使用している、耐震性があるなどの特徴があります。
防災用品も充実していると言えます。
消火器や懐中電灯、マスクや簡易トイレなど、普段防災グッズとして準備しておきたいものがそろっていることも多いです。
また、もしもの時の逃げ場として非常口などが設置されています。
防災用品の中では、食料と水も欠かせません。
防災施設では、それらの供給がスムーズに行われるような段取りが整っています。
とはいえやはりすぐにはなかなか難しいものです。
自分でリュックなどを用意して、いざという時にいつでも持ち出せるようにしておくことをおすすめします。

recommend

モニターサイトで豪華賞品をGET!

最終更新日:2018/1/10