タイトル

緊急時に対応できるように覚えておこう

防災用品の種類について

防災用品には、災害が起こってしまった場合に被害を最小限にする役割を持つものや、災害が発生してしまった時に生命をつなぐための役割を持つものがあります。
前者は火災報知器やガス漏れ警報機、消火器、家具転倒防止器具などであり、後者は食料品や日用品を中心としたものです。
避難時持ち出し袋に用意する食料品については、家族の中に年配の方がおられる場合、やわらかく食べやすいレトルト食品を用意したり、ペットの食料品も忘れずに用意しましょう。
数日分やり過ごせる飲料水も必要です。
現在の状況を知るためのラジオや、明るさを確保するための懐中電灯や非常ライト、防寒防暑どちらにも使えるアルミ製のブランケットや非常用の簡易トイレも必要です。
また、医薬品や応急処置のできる救急箱、歯ブラシセットやアルコール除菌などの衛生用品も大切です。
マスクや軍手もあると役立ちます。
防災用品は避難時に慌てることのないように、日頃から防災意識を高めておくことが大切です。
用意しただけで満足するのではなく、管理していくことも重要です。

Favorite




Last update:2019/7/12